カテゴリー別アーカイブ: 未分類

内臓脂肪症候群の特定健診、ご存知ですか?

内臓脂肪症候群=メタボリックシンドローム。この疾患の主な年代が30代から50代の男性。

つまり、働き盛りの男性諸君が成人病予備軍のメタボリックシンドロームに侵されているわけです。しかもこの生活習慣病が原因で亡くなる人は、死亡者数全体の1/3にものぼるのだとか。

これは、国家的一大事です。国が本気で乗り出した結果、メタボ対策に活用できる「特定健診・特定保健指導」という制度が確立されました。具体的にはどんな内容なのでしょうか?

今回は、メタボ対策の特定健診・特定保健指導についてご紹介します。

【メタボ対策特定健診とは】

《メタボリックシンドロームについて》

メタボリックシンドロームとは生活習慣病に限りなく近い状態にある人を指していて、その定義は、内臓脂肪型肥満と、高血糖・高血圧・脂質異常症のどれか1つが加わった状態。

生活習慣病になると、心筋梗塞・脳梗塞などの重篤な疾患に進行するリスクが高くなりますので、そうなる前に早期解決が望まれます。

《特定健診の目的》

特定健診の開始年齢は40歳から74歳までの人が対象になっています。

このメタボが進行して、生活習慣病に進行する前に健康診断を行う事で顕在化し早々に対処するのがこの検診の目的なのです。

先ずは検診を行い、異常がある場合、医師・保健師・管理栄養士などによる指導対象となり、特定保健指導が行われます。

>>内臓脂肪改善の実験記事

《検査の内容》

(検査項目)

まずは問診で、生活習慣・行動習慣をヒアリングします。次に身長・体重・腹囲・肥満度(BMI) などの身体測定と、血圧測定・血液検査・尿検査を行います。

血液検査では、中性脂肪値はじめ、HDL・LDLコレステロール、GOT・GPT、γ-GTP、血糖、HbA1cなどを測定する事で、血液中の中性脂肪値やHDLコレステロール(善玉コレステロール)・LDLコレステロール(悪玉コレステロール)などの値を調べて、血液の健康状態を調べます。

尿検査

尿検査では、尿糖・尿タンパクなどの状態を調べます。このほか、医師の判断によって必要と思われる検査項目が追加される場合があります。

例えば、心電図・貧血検査・眼底検査など。これらの検査結果を元に、メタボリックシンドロームの可能性について判断を行い、必要となった場合には特定保健指導対象者としての指導を受ける事になります。

《特定保健指導とは》

前述した検査によって、メタボリックシンドロームであると判断された場合、医師・保健師・管理栄養士などといった専門家からの生活習慣改善の指導が行われます。

その指導内容ですが、すでにメタボリックシンドロームに該当する人に対しては、積極的支援、まだ該当はしないものの、危険性が高い、つまり予備群といえる人に対しては動機づけ支援、該当しない人に対しては情報提供のみが行われます。

メタボリックシンドロームの危険性を認識してもらう事で、メタボリックシンドロームを未然に防ぐことが目的なのです。

では、メタボリックシンドローム対象者に行われる積極的支援・予備軍の方に行われる動機づけ支援及びすべての人対象に行われる情報提供とは具体的にどう違うのでしょうか?

(積極的支援)

メタボリックシンドロームである人に対して、今自分はどういう状態にあり、今後どんな危険が待っているのか?生活習慣病とはどれくらい体をむしばむ病気なのかなどなど、現在の健康状態を認識させる事が一番の目的です。

これによって、自ら率先して生活習慣の改善を行い、医師・保健師・栄管理栄養士などとも協力し合って改善に努められるよう、話し合いを行います。

同時に、改善計画の立案から、実際の行動に至るまで指導を行います。期間は3か月〜6か月間、継続的に行われます。

(動機づけ支援)

これは原則1回のみ行う指導です。現在、自身が抱えている健康リスクの程度を認識し、これ以上進行させないためには、これからどう行動すべきかの動機づけを目的に指導を行います。

(情報提供)

ここでは、メタボリックシンドロームの予防・健康を維持・健康の増進のための生活習慣についての情報が提供されます。

【まとめ】

メタボリックシンドローム、この言葉を始めて聞いた時には、くすっと笑ってオシマイでした。この頃、自分には一生関係ないとさえ思っていました。

しかし、月日が流れ、、、自分自身と夫にせまるその危機に、笑っていられる状況ではなくなってしまいました。

まだ、実際にはメタボリックシンドロームではないのですが、ちょっと気を緩めれば、、、と、そんな感じでしょうか。

生活の充実には、やはり健康は大切な要素となります。何歳になっても、メタボリックシンドローム・生活習慣病は他人事、なんて余裕で笑っていられる自分でいられればと思います。

そのためにも、生活習慣の見直しは急務。食事と運動、そして安眠にストレス発散。一度に全部はなかなか難しいのですが、1個ずつ習慣化して、気づけば規則正しい生活習慣が身についている、そんな展開が理想ですね。頑張りましょう。

なぜ私は漬物でなくサプリで腸内環境の改善を試みているか

お通じが悪くなった場合は、漬物などを摂取するのも一法です。なぜならそのような食材は、お通じを改善してくれるケースが多々あります。

漬物の中には、植物性の乳酸菌が含まれているのですね。それでお腹の中が良くなる事例は多く見られるのですが、残念ながら私の場合は余り口に合わないようです。それで最近漬物ではなく、サプリによって改善を試みるようにしました。

漬物に関する懸念点と乳酸菌サプリによるお通じ改善

shutterstock_67035205

実は私は、漬物自体はそれほど苦手ではありません。程よい塩味などは、別に悪くない味覚だと思うのですね。

私が心配しているのは、その塩の多さです。余りにも多くの塩分を摂取しますと、やはり身体に対する悪影響が懸念されます。
思えば日本人の方々は、たまに生活習慣病で悩んでいるのですね。それにも色々な原因が考えられるのですが、その1つが塩分になります。あまり多くの塩分を摂取しますと、それだけ生活習慣病になる確率が高まってしまうのですね。

そして漬物の中にはやや多くの塩分が含まれている訳ですから、それでお通じの改善を試みるのも、少々心配な一面があります。私の近所のコンビニでは、1パック150円くらいの漬物が販売されているのです。その中にはやや多めの漬物が入っていますが、あれを完食するのは少々心配ですね。塩分過多になってしまう可能性があるからです。

そうかと言って全く乳酸菌を摂取しないのも、やはり心配ですね。折しも数ヶ月前の私は、お腹の調子が悪くなってしまいました。便秘がちになった事により、ちょっと病院に行くハメになってしまったのです。そのような事もありますので、やはり乳酸菌を摂取する事は必要だと思っていたのですね。

そのような矢先に、私はインターネットで乳酸菌のサプリメントの存在を知りました。実は以前から私はサプリに興味を持っていたのですが、改めてネットでその錠剤の存在を知った事になります。

腸内フローラ

それで通信販売サイトで乳酸菌サプリを購入してみましたが、だいぶお腹の調子は良くなってきたのです。やはりそのサプリの中に含まれている優秀な乳酸菌が、お腹の中で活躍してくれているのでしょう。

何よりもそのサプリには、塩分に関する心配がありません。漬物で乳酸菌を摂取するとなると、塩分過多になる懸念がありますが、サプリの中には必要以上に多くの塩分は入っていないのですね。むしろほぼ皆無なのですから、安心してお通じ改善が見込める訳です。
現在も私は、その乳酸菌のサプリを続けています。今後は漬物でお腹の調子を整えるのではなく、サプリを使い続けて行こうと思っている次第です。

最近の私がLG21に興味を持っている理由と胃もたれ

shutterstock_406432471

胃もたれは、意外と大変な症状の1つです。あのもたれ感は、日常生活にも支障をきたす事が多々あるのですね。

ちなみに最近の私もその1人です。夜中の時間帯が近づきますと、その感じを覚えるケースが大変多くなってきました。ですので最近の私は、ちょっとLG21という乳酸菌を検討しています。その菌類であれば、もたれ感を改善してくれると考えているからです。

胃もたれ感を覚えている私と考えられる主な理由

私の胃袋がもたれている理由は、色々考えられます。その1つは、食生活ですね。別に不摂生な食生活ではないと思うのですが、正直偏りはあると思います。

ここ最近では、肉類を摂取する頻度も激減しました。むしろ野菜中心の生活になっているのですが、却ってそれが逆効果だったのかもしれません。

その他にも、運動も一因かと思います。運動不足は体調不良を引き起こしがちですが、胃袋もその1つなのですね。

どちらにしても私の胃袋に対して、何かの異変が発生している事だけは確実だと思います。どういう訳か、夜中の時間帯にその症状が出てくるのですね。気持ち悪さによって夜中に起こされてしまう事もありますので、そろそろ何とかした方が良いと最近は考えています。

胃もたれと胃がんの予防が見込めるLG21

ところで最近私は、LG21というヨーグルトに関心を抱いているのです。ヨーグルトは、胃袋というよりも小腸や大腸に対する効果が見込めるのですね。ヨーグルトの摂取に伴って、お通じが改善された方などは非常に多く見られます。

ところが前述のLG21というタイプの場合、お通じではなく胃袋に対する強みがあるのです。その効能の1つとして、前述の胃もたれ感が挙げられます。

もたれ感は、もちろん胃の中の何らかの問題によって、生じている訳ですね。ところがLG21という乳酸菌は、胃袋の中に働きかけてくれるタイプになります。小腸や大腸ではありません。つまり胃袋の中を綺麗にしてくれるので、胃もたれ感も解消されると考えられる訳ですね。

またLG21は、胃がんの予防効果もあるのだそうです。胃の中にはピロリ菌なども生息していますが、LG21はそれに対する効果も期待できます。

このようなLG21の効能は、実は少々特殊ですね。他のタイプの乳酸菌の場合は、胃袋というよりも小腸や大腸に働きかけるからです。

どちらにしても胃もたれに悩んでいる私にとっては、LG21はとても魅力的だと思います。そう遠くない日に、私はその乳酸菌が入っているヨーグルトを試してみようと思う次第です。

プロテサンという乳酸菌サプリと腸内年齢のアンチエイジング

お腹の中の状態は、年齢による基準があります。各年齢によって、お腹の中の状態も変わっているものなのですね。
ですので医師の方々としても、その年齢を基準にお腹の状態を推理していることも多々あります。

年齢である程度判別できるお腹の中の状態

shutterstock_364030235

例えば年齢が20代の方の場合、お腹の中は若々しい状態だと察しが付くでしょう。消化吸収なども、スムーズに進みやすい状態だとします。

それに対して50代の場合は、お腹の中が必ずしも若々しいとは限らないのですね。加齢に伴って、消化吸収がスムーズにならない事も多々見られるものだからです。
ですので医師の方々は、患者から伝えられる年齢を基準に、その方のお腹の中を推理している事も多々あるのです。20代の患者が来れば、医師としてはお腹の中が若々しいと推理するでしょう。

ところが、中には例外のパターンもあります。人のよってはかなりお腹の中が若々しい状態になっていて、医師がびっくりしている事もあるのです。年齢の割にお腹の状態が良いので、びっくりしている事例もたまに見られます。そして、乳酸菌がそれに関わっている事もあるのですね。

プロテサンで腸内年齢が若くなった

というのも今から3年ほど前のことなのですが、ある方が乳酸菌製品を購入しました。プロテサンと呼ばれる製品で、すでに加熱されているフェカリス菌がその中に含まれているのですね。ちなみにそれを購入したのは、30代の女性の方です。

なぜその30代の女性がプロテサンを購入したかと申しますと、お通じだったのですね。その方は生まれつきお腹の状態が余り良くありません。昔からお通じを改善したいと思っていたのですが、ある時にプロテサンに興味を持った形になります。

それで試しにプロテサンを飲んだところ、だいぶお通じの状況は改善されました。お通じの頻度は今までに比べると増加しているので、大変驚いていらっしゃったのですね。
ところでその30代の女性の方は、ある時に病院にて検査を受けました。お腹の中の状態を確認する為の検査だったのですが、それで医師の方が驚いていたのですね。30代の女性なので、お腹の中もそれなりの状態だと推理していたのですが、想定以上にお腹の中が若々しいので驚愕していらっしゃいました。

すなわち、それがプロテサンの効能の1つと言えるでしょう。腸内年齢などはお腹の調子を図るバロメーターなのですが、それが若々しくなるのが、プロテサンの魅力の1つだと考えられます。アンチエイジングを試みている方には、プロテサンはおすすめですね。

プロテサンによるお肌改善の効能と量の調節

乳酸菌のサプリは、量の調節をする事ができます。余り効果が見られないと思った時には、ちょっと多めに飲んで見るのも一法なのですね。
以前に、プロテサンというサプリを飲んだ方がいらっしゃいます。ちょっとお肌の調子が良くなかったので、それを飲んだ方がいらっしゃるのですが、量を調節してみたら肌の調子がだいぶ変わってきたのだそうです。

お肌の状態がひどくて化粧が困難だった

shutterstock_113001031

今から3年くらい前なのですが、ある主婦の方が肌の状態でお悩みでした。その主婦の方は、特に顔周りが大変だったようですね。

具体的に申し上げれば、口やおでこ周りの状態がかなり酷く、化粧に関する支障をきたしていたのだそうです。化粧品を使ってみるのですが、ほとんど肌に乗らない状況だったようですね。

それも当然で、その方は炎症を起こしていたのです。上記の箇所に多くの炎症が発生していて、なかなか化粧品を塗ることが難しい状況でした。
しかもその方は、それを解消するために病院などにも足を運んでいたのですね。それでもなかなかお肌の調子が良くならなかったので、途方に暮れていらっしゃいました。

楽天で買ったプロテサンでお肌の調子が変わった

それでその方は、ある時にインターネットでお肌の調子を改善させるための方法を、自分なりに色々調べてみたそうです。それで結局、プロテサンという商品に着目したのですね。
プロテサンは、楽天にて購入する事ができます。その通信販売サイトでもかなり高い評価を受けている商品だったので、試しにそれを服用してみた訳ですね。

それで最初の内は、少々少なめな量で試しました。1日に1包程度で試してみた訳ですが、それでは余り効果はなかったようです。効果はゼロではなかったのですが、少なくとも顔周りの腫れ物などが引くほどの強さではなかったようですね。

それでその方は、ちょっと量を増やしてみたそうです。1日に1包ではなく、3包程度に増加してみた枠ですね。すると、今度は肌の調子が大きく変わってきたそうです。
ただ3つほど摂取すると、今度はお腹の中が緩めになってしまうようです。余りにもお腹に対する影響が懸念されるような時には、1包に調節しているようですね。今ではその方は、ほぼ毎日1包ずつプロテサンを服用しても問題ない状況になっています。

すなわち、お肌改善の効能がプロテサンという商品の魅力の1つですね。上記の方は量を調節している訳ですが、もしも効果が今一つだと思った時には、上記のように増やしてみるのも一法と言えるでしょう。